アニメ ガールフレンド仮を見て感じた事

皆さんはガールフレンド仮と言うアニメをご存知でしょうか。このガールフレンドという作品は、元々はAmebaのソーシャルゲームなのですが、今現在はアニメになって登場しています。今回は、私がアニメガールフレンドを見て思った事や感じた事を紹介したいと思います。

まずなんといってもこの作品の1番の魅力は、キャラクターがどれも可愛い所です。ストーリーは可愛いキャラクター達が沢山通う学校での、キャラクター達の学園生活を描いた作品になるのですが、とにかくキャラクターがどれも可愛くて、見ていてとても癒されます。

学園内で様々な事が起こるのですが、何かが起こるたびのキャラクター達の反応なども独特で個性があり、とても癒されるアニメになっています。ガールフレンドを知らない人でも十分楽しめる内容なのですが、少し残念な事にアニメ内での各キャラクターの説明がとても少ないです。これではガールフレンドという作品を知らない方々は、各キャラクターを把握できないのでとても残念に思えました。ソーシャルゲームの方をプレイしている人ならアニメでもキャラクターが分かると思いますが、アニメから入る人には殆どキャラクター把握ができませんでした。私もアニメからでしたので、キャラクターが全然分からずとても困りました。私が特に良いと感じた所は、それぞれのキャラクターがとても個性的で作り込まれているという点です。

髪型や話し方、そして仕草の違いなどもアニメ内で細かく表現されていて、見ていて感心しました。ただちょっと違和感を感じたのが、主人公の言葉遣いです。主人公は普段から敬語で話すキャラクターなのですが、両親に対しても敬語を使っていた所が凄く違和感を感じました。親に対しても完全敬語なキャラクターは今までは他作品でも見た事が無かった為、違和感を感じたのだと思います。ガールフレンドと聞くと、女の子ばかりが登場する作品で手が出しづらいイメージがありますが、実際にアニメを見てみるととても良い癒しアニメでした。

現在はソーシャルゲームやアニメだけでなく、スマホの音ゲーアプリゲームとしても登場しています。ガールフレンドおんぷというタイトルで無料で遊べるので、ガールフレンドが少しでも気になっているという方は、アニメやアプリゲームから触れてみる事をオススメしたいです。本当に可愛くて魅力的なキャラクターばかりなので、機会があれば是非アニメガールフレンドを見てみて下さい。