会長はメイド様!

藤原ヒロ先生の「会長はメイド様!」。2006年から白泉社のLaLaで連載され今は完結しています。TVやドラマCDにもなっています。私はアニメから入ったのですが、アニメ最終回で感動して原作を読んでみたら続きが沢山あり、気になって全話読んでしまいました。最初の世界観からすると何て壮大な話になっているのでしょう…。

タイトルの意味ですが、舞台は星華高校という学校でして、主人公の鮎沢美咲ちゃんが生徒会長をしています。この高校、割と最近共学になったばかりで全然女子への配慮がなされていない不良高校なのです。立場の弱い女子を守るため、文武両道で男勝りな美咲ちゃんが鬼会長として学校の男共を日々説教・監督していたのでした。あまりの怖さと、女子としての自覚があまりないサバサバしすぎた性格ゆえに一部の友達を除いて「会長」としてしか認識されず可愛い女子とみなされるのは夢のまた夢です。男子から恨みを買うこともしばしばな鮎沢会長ですが、その友達にも言えない秘密がありまして、学校から電車で通うバイト先、それがメイド喫茶というギャップ!

メイドラテという店で「お帰りなさい、ご主人様」と働いている姿など、ピアスがどうの金髪がどうの、漫画の持込やエロ話だけでも雷をおとす会長から想像できない、してはいけない。家が超貧乏なので時給のいいバイトを求めて辿り付いたのですが学校の生徒には絶対バレないように必死で隠し続ける二重生活を送っていたのでした。それにしてもメイドの格好が似合いすぎて、ファンも多いミサちゃんです。私も店員さんの中でミサちゃんが一番好きです。

さて高校では会長のほかに有名人がいます。それが碓氷拓海。会長以上に何でもできる、できすぎてコワイ。そして超美形でモテモテ。でも誰かとつるんだり、女子の告白に応えたりは一切しない。独特な距離感をとる不思議な生徒ですが、バッサバッサ告白を断られる女子生徒が泣く姿に鮎沢会長は以前から「もうちょっと言い方ってもんが」と注意をしていた問題児でした。さてこの碓氷君に、会長はバイトしてる姿をバッチリ見られてしまいます。最初は純粋に驚いて、からかおうとメイドラテに顔をだすようになった碓氷君。でも会長の、他の女子にはない魅力に惹かれ会長の変態ストーカーとおなりあそばします。この漫画、ひたすらに会長大好きな碓氷君と、この手に破壊的に疎い会長との「いいコンビ」から「いいカップル」になるまでの道のりを描いているといっても過言ではないラブコメのラブが出てくるまで時間がかかる、それでも楽しい漫画です。途中からしっかり両想いになりますので本当によかったと思います。碓氷君くらい彼女を大切に想ってくれる完璧超人がいればいいのにな、と思いながら読んでます。