お金をためたいならやるべき3つのこと

ゲームと漫画はお金がかかるので、その趣味以外は節約が必要!という方は多いでしょう。そんな方のために、私がやっていることをご紹介したいと思います。

第1に、天引きです。毎月に貯金する金額を決めている場合は、給料を貰ったら予め差し引いておきましょう。そして、貯金専用の口座に入れておきましょう。人間は手元にお金があるとつい使いたくなるものです。この性質を逆手に取って、給料から天引きしておくのです。そうすれば、うっかりお金を使ってしまう、ということを防ぐことができます。

第2に、家計簿をつけることです。家計の無駄を洗い出します。いくら貯金したくても無駄があれば苦労は水泡に帰してしまいます。これは面倒といえば面倒な作業かもしれません。とりあえず1週間でもいいのでつけてみることをおすすめします。家計簿を実際につけてみるとわかるのですが、意外と無駄は見つかります。無駄の1つひとつは100円とか500円とか比較的少額なのですが、それを積み重ねるとかなりの額になるのです。なんでこんなものにお金を使ったんだろう、と軽いショックを受けることもしばしばあります。逆に、もし家計簿をつけていなかったら、この無駄に気づけなかった可能性すらあります。そう思うと背筋も寒くなります。面倒臭がらずにやりましょう。

第3に、家賃のグレードダウン・保険の見直しです。これは2番目に述べたことのうち盲点となるところをピックアップしたものです。個人の支出のうち、かなりの割合を占めるのはこの2つです。普段の生活でちまちまと10円20円節約するより、家賃を1万円節約したほうが効果は大きいのです。家賃については家族構成や仕事などに依存するところも大きいですが、可能ならばより家賃の安いところに移るのはありだと思います。保険については、本当に必要な保障が何なのかをきちんを考えましょう。私の場合、生命保険は葬式費用だけ出ればいいと思っているので、その分保険料も安くしています。

いかがでしょうか。貯金をするのは楽ではありません。なので、あまり無理な節約をすると身体だけでなく精神にも悪い影響を及ぼしかねません。そのため、そもそもいくら貯金が必要なのか、というところから煮詰めることも重要です。必要な額を見積もってから、どこまで節約できるかを考える、ということも上手なやり方だと思います。