古本を処分するときの記録

私は本が好きで、たくさんの本を自宅においていました。

それは、一つの部屋にまとめておくことにしていたのです。
ところが、その部屋について、別の事で使うことになり、どうしても本を処分することになったのです。

本は、2000冊以上もあったので、その本の処理について、本当に困ったと思っていました。

古本屋で売ることができることは知っていたのですが、私が持っている本は、随分と昔の本ばかりなので、そこに持参をしても、引き取ってもらうことができないと思っていました。

そんな時、知り合いがその本を見て、古本屋に引き取ってもらったらいいのにといったのです。
私もその愛着のある本について、そのまま捨てることは、本に対して失礼と思っていたので、引き取って少しでもお金になるのであればいいと思っていました。

ところが、そこに持参をする勇気がありませんでした。
それは、このような古い本を引き取ってもらうことは無理と思っていたからです。

そんな私を見て、知り合いはネット買取をすすめてくれました。
ネット買取であれば対面で店員と接する必要がないので、私のように人と話すと緊張するタイプでも安心です。
どのようなネット買取業者があるのか私が見たら、納得をすると思ったらしく、口コミを教えてくれました。
古本を処分しました

すると、随分とネット買取業者があり、それぞれに特徴があることを知ることができました。

そのため、各買取業者のホームページを見て、ここだったら私の多くの本も引き取ってもらうことができるかもしれないと思い、申し込みすることにしました。

最初は、たくさんあるうちの、割と最近の本で高く買取して引き取ってもらえそうなものを、売ることにしたのです。とりあえず、100冊ほど買取をすることにしました。

すると、その大部分の本を簡単に引き取ってい予想よりも買取価格も高く買取してもらうことができたのです。
100冊で8250円という金額になりました。
ブックサプライさんという業者です。

しかもヤマトの人が引き取りに来てくれて、また運送するための段ボールも用意してもらえました。

そこで新しく残りの本も買取に出すことにしました。
2000冊以上あった本が、200冊まで厳選したものだけ残して残りはすっきり買取してもらえました。
そのことはいいと思っています。

少しくらいなら、本を収納するスペースはあるからです。
そしてそのことをきっかけに次々と買っては読み終わってから売るというのを頻繁に行うようになりました。

本は大切なものなので、買取をしてもらうことによって、また誰かに見てもらうことができるからです。
そのことがわかると、本を買取をしてもらうことは、かえっていいことではないかと思うようになっています。

部屋も開けることができて、収納スペースを確保することもできます。
部屋の片付けができたことで、心も整理できたような気持ちになっています。

何よりも買取をしてもらことができたことが、本にとって良かった方法であると、納得をすることができています。